全国の地域番号(0ABJ番号)を継続利用が可能!
クラウド型ゲートウェイサービス「FC-GW(エフシー・ゲートウェイ)」

「FC-GW」基本概念

FC-GWは、エッジデバイス、クラウドリソース、その他様々なサービスを安全かつスムーズに中継するというコンセプトのもとで開発された次世代型のクラウドゲートウェイです。

データのみならず、音声もシームレスに取り扱うことができる特徴を持つため、幅広いサービスに柔軟に対応可能です。


特徴的な機能について紹介

特徴1:ワンタッチVPNで働き方改革を強力サポート

本社-支社間、企業-クラウド、オフィス-自宅など様々な形態のVPN接続を、ワンタッチで簡単に構築することができます。
テレワークのように場所を選ばない働き方を実現するためのインフラ環境を、最短距離で実現することができるほか、災害時などのリモートアクセス環境などにも適用可能です。

フォースネットではVPNゲートウェイのほか、自社開発したVPN製品を持ち、ユーザニーズに応じて最適なソリューションを提案することができます。


特徴2:全国の0ABJ番号に対応するマルチキャリアVoIP-GW

FC-GWにクラウドPBXを接続することで、全国の0ABJ番号(NTT東西、NTTコミュニケーションズ、KDDI、アルテリア)を利用することができます。

\現在使用している電話番号を変更することなく会社代表番号やコールセンター(ヘルプデスク、サポートセンター)の受付電話番号をクラウドPBXに移行することができます。


特徴3:SaaSサービス連携

クラウド型のSaaS(Software as a Service)やプラットフォーム型サービスと連携する事で、安全にSaaS環境にアクセスできるようになるほか、既存の電話番号を各サービスで継続して利用することができます。
第一弾として、KDDIウェブコミュニケーションズが提供するプラットフォームサービスの「Twilio」ユーザ企業に提供を開始し、随時、SaaSサービスを提供する各社(CRM、SFA、等)と連携する準備を進めています。

TwilioとFC-GWが接続されることで、Twilio環境において0ABJの電話番号があつかえるようになります。


「FC-GW」の幅広い活用方法

Edge Device

VoIP-GW、ルーター、VPN装置などをシームレスに接続できるゲートウェイデバイスとなります

Cloud Service

クライドストレージやクラウドPBXと簡単に連携して動作します

SaaS Provider

SaaSサービスと連携でき、Twilioと接続して動作させることができます


VoIP Provider

0ABJの電話番号を利用できる、最強のVoIPプロバイダーとして利用することができます

Company office

オフィスと支社、オフィスとクラウドをつなぐ仲介役になります

IoT/AI

IoT/AIなどの最新のサービスとも連携できるように日々進化してゆきます


FC-GWを検討中の方へ
御社のニーズにあった使い方があります。

お問い合わせフォームへ