光電話時代のVoIPゲートウェイ「vBOX NX」

レガシー回線(アナログ、ISDN)が終息に向う昨今、光電話サービスへの移行が今後ますます加速していきます。

vBOX NXは主要な光電話サービス提供キャリア、「NTT東日本」、「NTT西日本」、「NTTコミュニケーションズ」、「KDDI」、「アルテリアネットワークス」、「楽天コミュニケーションズ(楽天ブロードバンドプレミアム NURO Bizプラン)」、「Coltテクノロジーサービス」、のすべての通信キャリアに対応するVoIPゲートウェイです。

また、総務省が2019年5月に施行された「電気通信事業法」の改正において、今後、固定電話番号(0ABJ番号)をPBX等の電話転送役務で使用するために必要な、「固定端末系伝送路設備の一端が、利用者の活動の拠点に設置されていること」の要件を満たす製品となります。

vBOX NXには固定電話番号に求められる高い通話品質を確保するために必要なQoS機能の実装や、全国の法人企業等が利用している固定電話番号をそのままオンプレ型のPBXやクラウド型のPBX、コールセンターシステムで継続利用する事ができます。

従来型のVoIPゲートウェイと一線を画すのが、クラウドPBXとの接続性で、安全に接続通信を行うためのVPNトンネル機能やPPPoE機能、ファイアウォール機能を具備しており、IPネットワークとの親和性が高い製品となっています。


vBOX NX基本機能
マルチキャリアSIPスタック

「NTT東日本」、「NTT西日本」、「NTTコミュニケーションズ」、「KDDI」、「アルテリアネットワークス」、「楽天コミュニケーションズ(楽天ブロードバンドプレミアム NURO Bizプラン)」、「Coltテクノロジーサービス」、と幅広い通信キャリアの光電話のVoIPゲートウェイとして動作します。

QoS(優先制御)機能

音声品質を確保するために、VoIPトラヒック(SIP/RTP)にDSCP値をマーキングできる機能持っており、データ通信のパケットと競合が発生するような環境においても、音声トラフヒックを優先させるというようなことが可能になります。

PPPoEサポート

IPアドレスの固定設定やDHCP設定のほかに、PPPoEもサポートするため、vBOX NXに固定のグローバルIP(G-IP)を持たせて、クラウドPBXと連携させて動作させることが可能です。


ファイアウォール機能

不正アクセスなどのセキュリティを問題に対応するために、ファイウォール機能を持っています。特にインターネットトラヒックと共存するような環境においては、安全に動作させるために必要な機能になります。

VPN機能

クラウドPBXとデータを暗号化して安全に送るために、VPN機能をサポートします。SSL-VPN、IPSec、L2TPなど幅広いVPNに対応しています。

運用監視機能

運用監視機能を有効にすることで、弊社または御社で、障害を検知することが可能になります。最小限の労力で、障害を早期に発見することができるようになります。


vBOX NX拡張機能
PBXバイパス機能

オンプレPBXやクラウドPBXが何ならかの原因で障害が起こって通信できなくなったときに、PBXをバイパスして、緊急用の電話に着信させる機能です。

SNS着信ポップアップ

発信者の電話番号情報を、SNS(LINE,Chatwork、Slackなど)にポップアップする機能です。簡易的なCRMとして利用することも可能です。

PBX内蔵モード

OSS(AsteriskやFreePBX)や特定のPBXを内蔵させて、VoIPゲートウェイと同居させることができますので、1台の筐体ですっきりまとめることができます。


ハードウェア冗長

ハードウェアに故障が発生した時に、自動的に予備系に切り替わる機能です。

RAID機能

RAIDはDisk(HDD)を冗長させる機能です。「vBOX NX Pro」で搭載されている機能です。

VyOSサポート

高度なルーター機能を実現させる際に、VyOSのようなルーターOSと同居させることも可能です。


接続構成例

構成1:オンプレPBX接続

構成2:クラウド IP-PBX with G-IP

構成3:クラウドPBX with VPN

検討中の方へ

「vBOX NX」の導入や代理店を検討中の方へ

まずはお問合せ下さい。

お問い合わせフォームへ